夏休み終了 社会復帰 ジムニー レストア オールペン 箱替え

充実した夏休みもあっという間に終わり、仕事再開しました。

CEO兼塗装作業員の私は夏休み明け前の連休最終日に本塗り。

店を開けてからですと塗る時間が取れなそうだったので。

休み前にサフェまで入れてありましたので、

中研ぎして本塗り。

今回はホンダの純正色のダークグリーンです。

素敵な色合い!

吹くのは一瞬ですが、ここまでが長かった。

やはりフェンダー外しての塗装は時間が掛かります。

この車はオーダー製作ではなく車輌持ち込みでのオールペン依頼。

入庫までもかなり待ってもらいましたし、入庫してからも相当な時間が掛かりました。

大変お待たせいたしました。

無事に休み中に塗り終えることができよかったです。

始業して最初の作業は、JA22ジムニーの箱替え。

箱換えというとボディーにダメージを負ってしまい、交換するというパターンがほとんどかと思いますが、実は今回は違います。

そもそもはエンジンブローしてエンジンの修理依頼で入庫された車輌。

最初は別の修理工場さんに入庫されていたのですが、

皆さまご存じの通り、JA22のK6Aはベースエンジンの枯渇によりリビルトエンジンはほぼ入手不可能。

その修理工場さんでは修理は難しいということで、弊社に転院されてきたのです。

弊社もJA22のベースエンジンは持ち合わせがありませんので、現車のエンジンをオーバーホールするしかありません。

まず降ろして開けてみましたが、かなりの重症。

ピストンは大きく変形。(ここまで変形しているのは初めて見た。)

当然、シリンダーライナーもオーバーサイズピストン+ボーリングで対処できるレベルではありません。

ライナー新規作成 打ち換えで直せないことはないのですが、それこそ3桁万円になってしまう事案です。

そんなときにちょうど買い取り入庫していた、同型JA22ジムニーのF5MT。

ボディーはぱっと見綺麗なのですが、よく見ると腐食やへこみの補修が難ありでカスタムベースには適さない状態。

しかしエンジンなどは一通り手が入っていて、走りは絶好調。部品取りにしてしまうには勿体ない。

弊社としてもそのまま売る訳にいかないし、悩ましい存在の車でした。

オーナーさんの意向としては、

愛着がある車なのでできれば修理して乗り続けたい。

ただ、ボディーが同じであれば、フレームから下が別の個体に変わっても構わない。

オートマがマニュアル車に変わるのはむしろ望ましい。

ということで、ボディー入れ替えというよりフレーム入れ替えをすることになったのです。

(日本はフレームに車台番号が打刻されますので、車検証上は別の車に乗り換えることになります。)

まずは1台目。こちらのフレームを生かすことになります。

そしてもう一台も。

2台のジムニーが同時にフレーム分離している光景は、なかなか見られるものではございません。

ここまで丸2日仕事。

ATからMTなのでペダルの変更やフロアーの加工もあり、サスペンションも移植するのでもう少し時間は掛かりそうです。

ところで、ジムニーのフレームで面白いのがこの部分。

トランスファーマウントを支えているメンバーの一部が変な形にくり抜かれていますいます。

軽量化にしては妙な形です。なんで?

その答えは、これ。

マフラーのステー部分と見事に形状が一致。

強度的に問題がない部分から切り抜いて作っているんですね!

見事なコストカット術に感心してしまいました。

Visited 32 times, 1 visit(s) today

お問い合わせ

ジムニー専門店  SCM EXPERIENCE (SCM エクスペリエンス)

〒417-0852
静岡県富士市原田104-8
OPEN 10:00 ~ CLOSE 19:00
毎週月曜日・祝日・第一・第三火曜定休日

TEL: 0545-32-6182
FAX: 非公開

※ 業務多忙につき、留守にする場合がございますので、ご来店の際には事前にご連絡いただけると幸いです。


SCM EXPERIENCE オリジナル・ジムニーカスタムパーツ SHOP

SCM ジムニー カスタムパーツ Shop